出会い系トラブル:サクラに騙されて、高額な料金を請求されました。

出会い系にまつわるトラブルの中で、最も多いのがサクラによる被害です。
かなり多くの人が被害にあってきたことと思いますが、泣き寝入りはとても損です。
なぜなら、サクラからの被害によって高額料金が発生してしまっても、取り返すことができる場合があるからです。

そもそも、出会い系サイト業者がサクラを用いることは違法なんじゃないだろうか?
・・・それはYESともNOとも言えない、非常にグレーゾーンになります。
サクラ行為を行うこと自体は違法ではないというのが一般的なのですが、100%出会えるサイトとうたいながら実際に女性会員は登録できないようになっているなど、絶対に出会えない仕様にしていた業者が、「詐欺罪」で摘発されたことがあります。
これはあくまで詐欺罪であって、例えば女性も一応登録はできるようになっていたとしたら、摘発の対象にはならなかったということになります。

つまり、サクラに騙されたということだけでは立証は難しいということです。
なので、高額請求を取り消したりする場合は、事前にサクラ立証のための準備をしておく必要があるわけです。

じゃあ何を準備しておく必要があるのかというと。

  • サクラの立証に役立ちそうなメールの保存データ
  • 入金した際の明細書の保存データ
  • クレームを出した時の運営サイト側の応対の記録
  • 上記がサクラを立証させるために重要なポイントです。
    あとは、サクラの被害にあった時期からそんなに日数が経過していないことも大事です。
    サクラの被害にあった!と思ったら、出来る限りデータを残しておくことをおすすめします。

    そこまで準備したら、弁護士か各都道府県の消費生活センターに返金請求について相談しましょう。
    あくまで自分はサクラによる被害者であるということを立証する必要があるため、上記で説明したポイントを押さえておくことが大事です。

    最近では弁護士によるサクラ被害の返金請求も多く行われているようで、弁護士事務所団体による無料の相談会などもよく実施されているので足を運んでみてもいいかもしれません。

    出会い系業界はとても広いです。サクラの被害に合った人は数え切れないほど多くいます。
    「サクラの被害にあったことが恥ずかしい」と泣き寝入りはせず、ちゃんと声に出して、サクラを用いる悪徳業者を根絶やしにしていきましょう!