出会い系コラム

出会い系からLINEに移動したあと、女ウケの良いLINEスタンプ5選!

こんにちは、ジョー太郎ですよ。

いつもこのブログで出会い系サイト→LINEID交換(カカオ交換)できれば最強!といっているけど、LINE交換できてもそこで雰囲気をサゲてしまえば、当然セックスはできません。

どういった流れでLINE交換までこぎつけたかは人によってやり方は違うと思いますが、LINE交換=セックスできる!ではないので、LINE交換だけで満足しちゃダメなんです。トークでどこまでエロトークできるか、スムーズにセックスの約束を取りつけられるか、が大事なのです。

そこで重要なのが、LINEのスタンプ。ヘタにウケ狙いしてスベッたら最悪だし、エロ系スタンプで押しまくるのも逆効果です。

今回は、ジョー太郎愛用かつ実際に使って女の子ウケが良かったLINEスタンプをご紹介します。よかったら使ってみてくだされ。

恋する! LINEキャラクターズ

https://store.line.me/stickershop/product/1252/ja

やっぱり公式は使っとくべき!ということでコレ。恋する!だけあってハート満載ですが、ハート=セックスの意味で使いやすいのでインストールしておく価値ありです。使い勝手の良さはダンチです。

ジェームズ スペシャル

https://store.line.me/stickershop/product/543/ja

LINE公式キャラクターはやっぱり強い。スベる確率がグンと減ります。キャラクター的にはこのジェームズが一番汎用性が高いのでオススメです。

ゆるうさぎ 使える。うごく。

https://store.line.me/stickershop/product/1518300/ja

とにかくかわいい。使いやすい。女ウケものすごく高い!エロい気持ちを絶妙な可愛さでカバーできるので、オススメです。女の子も持ってる率が何気に高い。

カナヘイのピスケがいっぱい

https://store.line.me/stickershop/product/1287665/ja

若い女子に絶大な人気を誇る「カナヘイ」。コレ系のスタンプはたくさんありますが、うさぎは高確率で女の子が持ってると思うので、あえてのピスケ。20代前半の女の子狙いの人にはこれ以上ないってほどのスタンプです。

けたくま(CV:杉田智和)

https://store.line.me/stickershop/product/10413/ja

あえてのウケ狙いなら、「けたたましく」シリーズ。これは女の子に人気の声優を使っているスタンプなので、アニメ好きとかゴス系の女の子とLINEするときは使ったらイイ反応がくるかも。

 

こんなかんじで、ジョー太郎的出会い系使ってる女の子にウケるLINEスタンプのご紹介でした!うまいこと使って、ホテルに連れ込んでみてくれ。じゃあな!

-出会い系コラム

関連記事

2018年の出会いはどうなるのか、マジメに占ってみた

明けましておめでとうございます。 今年も出会い系使って精一杯ヤリ逃げするつもりなので、どうぞよろしくお願いいたします(´◡`) カウントダウンは某クラブで過ごしたジョー太郎、泥酔状態のまま初詣に出かけ…

続きを読む

キスフレとかソフレとかいう闇深ワード・・・セフレじゃダメなんか?

ちょっと前からネットやSNSを中心にざわざわされているパワーワード「キスフレ」。色んなフレンドのかたちとして、キスフレとかソフレ(添い寝)とか、最近じゃカモフレ(カモフラージュ)とかあるらしい。 キス…

続きを読む

同性愛メインの出会い系も扱っている出会い系評価サイトは要注意!

このサイトは「ジョー太郎の出会い系体験談」をメインにしているブログで、実際に登録して利用したことのある出会い系サイトの情報を書いている。 いつも、つたない文章でごめんよ。 なので、ノーマルなジョー太郎…

続きを読む

媚薬とも言われるモテ香り「イランイラン」は本当に効果があるのか?

出会い系サイトを使うにあたり、モテるために必須なのは「清潔感」である! というのは、色々な出会い系解説サイトにあったりしますが、コレっていうのは人間として当たり前なのでは?といつも思うジョー太郎。だっ…

続きを読む

処女厨お断り!やっぱり出会うなら、ちょいビッチに限るぞ

ネット界隈では、処女がもてはやされる風潮(処女厨)があるみたいですが、ジョー太郎まったく意味がわからない。 ビッチはいいもんだぞ。なにもかも言うこと聞いてくれるぞ!という話。 コンテンツ1 ビッチの何…

続きを読む

親からの結婚コールに疲れ果て、婚活といいつつ即ハメを狙うアラサー独身男。色々な出会い系サイトやアプリに手を出したが、最近はハッピーメールワイワイシーに入り浸りの日々。